サポートセンターひびきの家
共同生活援助

サポートセンターひびきの家について

 知的な障がいのある方、特に高齢の方、障がいの重い方が地域の中で少人数の仲間と一緒に、自分らしい落ち着いた、そして自立した生活ができるようお手伝いをしています。グループホームという地域の中での共同生活を援助する場で、そこに住まれる方たちおひとりおひとりに合わせて、入浴、排泄、食事の介護や相談などを、生活支援員・世話人と呼ばれる職員がお手伝いをしています。
朝は仕事や創作活動などに出かける皆さんを「いってらっしゃい。」と見送り、夕方は「おかえりなさい。」とお迎えします。家庭的な雰囲気を大切にしながらみなさんのその日の話を聞いたり、共同生活のルールを一緒に考えたり、外出の計画を一緒に考えたり、時には仲間同士の間に入ってお互いが分かり合えるお手伝いもしています。

施設概要

施設名称
サポートセンターひびきの家
施設種別
共同生活援助
実施事業
共同生活援助
定員
18名
設立
H23.12.1
所在地
福山市水呑町7143番地2
電話番号
TEL(084)959-6440
FAX番号
FAX(084)959-6441
Mail

特徴

現在、福山市水呑町に3ヶ所のグループホームがあり(それぞれ一戸建て)、一軒の家に3人から7人の方が生活されています。自分の気持ちや思いを言葉で伝える事が難しい方、車椅子で生活されている方など、様々な方がいらっしゃいます。私たちは皆さんの気持ちにできるだけ寄り添いながら、皆さんがその人らしく生き生きと暮らせるようにと願いながら、日常生活のお手伝いをしています。各グループホームには夜間も職員を配置し、緊急時に対応できるようにしています。

PHOTO GALLERY